• 2014年アンケート調査
  • 予防セミナー

トピックス・新着情報

第1回在宅歯科医療講習会

昨日行われた、在宅歯科医療講習会に歯科衛生士瀬見、小澤と共に参加しました。

講師は岩崎貢士先生です。先生は、現在埼玉熊谷市で開業されていて、主に通常診療を行う傍ら、訪問診療をされています。以前にリハビリテーション病院に勤務されていた経験から、高齢者・障がい者を元気にするために美味しく食べることが大事だとおっしゃっていました。

最初に訪問する時は、先生も基本的には口腔ケアグッズのみ持参されるそうです。

それから入れ歯づくり、先生の入れ歯は、前歯でピーナッツが咬めるほどよく噛めるそうです。

最初は、寝たきりでゆすらないと反応が無く、胃ろう(経管栄養)で栄養を摂っていた方が口腔ケア・入れ歯作成・お口のリハビリテーションを行うことで、座位がとれ、コミュニケーションが普通にとれるほど回復し、さらにはお楽しみ程度に食事ができるようになった症例は、とても考えさせられました。

こういったうまくいくケースもありますが、要介護状態で治療やリハビリを行うのは患者さんもかなりの負担になります。元気なうちに予防していくことが大切だと改めて思いました。メンテナンスでも活かせることは取り入れて行きたいと思います。

歯科衛生士 赤堀


▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡