治療について

トップページ>治療について>短期集中治療

短期集中治療

このようなお客様にオススメです

  • ●手術・麻酔・抜歯・歯を削る・・と 聞いただけで足が遠のいてしまう方
  • ●仕事が忙しく、一度にたくさの治療をして欲しいという方
  • ●嘔吐反射が強く、治療が大変な方

※短期集中治療は自費診療となります

リラクゼーション外来・集中治療のメリット

  1. 静脈内鎮静法は全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような状態で不安や緊張が取れ、
    とてもリラックスして治療を受けることができる方法です。
    ※最低限の意思疎通は可能です。
  2. 治療時間が短く感じられます
  3. 緊張が和らぐため、血圧や心拍数も安定します
  4. 治療中の嘔吐反射も抑えることか可能になります
薬剤による鎮静
生体監視モニターによる
全身管理
酸素濃度(呼吸)の管理
麻酔認定医による術中管理

デメリット(リスク)

  • 術前、術後の行動に制限がある。(例:禁飲食、自動車の運転など)
  • 点滴の確保が必要になる。
  • 既住歴や体調により適応できないことがある。
  • アレルギーなどの合併症を引き起こす事がある。
  • 術中の記憶が曖昧になる。またはほとんどない。
  • 全身麻酔に準じた管理が必要。(循環監視モニターや気道確保の準備など)